社員教育を受けやい環境

正しい方法と簡単な方法で業務を教える

社員教育をするという事は、人材を育てるという事です。新入社員を育てる為に、様々な研修をしたり教育するのですが、相手が聞き入れやすい環境を作る事が大切になってきます。同じような業務を続けている中堅社員が、配置転換などで部署異動する場合とは全く違い、新入社員にとって職場は緊張する場でもあり右も左も分からない事ばかりです。早く仕事を覚えてほしい思うのは当然ですが、一気に詰め込んでしまっては覚えも遅くなり、ストレスを感じる原因になってしまいます。先輩社員が教える際には、まずは正しい方法で職務の進め方を教えて、その方法に慣れた頃に簡単なやり方や手の抜き方などを教える事で、効率良く正確な業務の進め方を覚える事が出来ます。

質問しやすい環境を作る

新入社員は先輩社員に聞く事によって業務を覚えて行くのですが、質問しにくい環境では業務を覚えるのにも時間がかかってしまいます。背中を見て覚えるという人もいますが、全てがそのような教え方では覚える事は困難です。しっかりと正しい方法で教える事が必要で、新入社員の疑問に答える事が出来る知識も重要になってきます。普段から話しやすくするためにコミュニケーションを図り、些細な事でも嫌がらずに答えてあげる事で、質問のしやすい環境を作る事が出来ます。質問の中には、これぐらい解るだろうと思うような些細な質問も新入社員からは出てくると思いますが、職場の環境の慣れるまではすべてが疑問だらけなのは仕方無い事です。根気よく教える事で、素晴らしい人材を作り上げる事が出来ます。