社員教育の仕組み作りと重要性を知ろう

階層別に教育項目を整理

社員教育をする上では、教育を行う目的に応じて、各階層別に内容を考えていく必要があります。業種により内容は様々ですが、製造業の場合を例にすると、第一線で作業を行う方への教育項目と、管理する職制や主任者に教育項目は異なるということです。先ずは社内教育をするにあたり、法的に必要になる事項、安全衛生面での事項、品質管理面での事項等の教育項目を整理しておくことが大切です。そして各項目を教育すべき対象者や講師、そして教材等を含めた教育手段を明確に定めておくと抜けが防止されます。特に法的に必要とされる事項は、期限や科目、教育時間など明確に決められているものもあるので、しっかりした教育計画が必要になり、進捗管理まで行うことが重要になります。

繰り返し教育の重要性

社員教育をする上での目的として、理解度向上や風化防止を目的とした、繰り返し行うべき教育もあります。特に過去のトラブルや事故といった問題は、再発に伴い会社が背負うリスクも高く、人命にも繋がる重要な内容です。人は時間が経つことで、記憶から消えてしまったり、意識が薄れてしまうこともあります。また世代交代することで過去の教訓を知らずに従事される方もいます。過去のトラブルや事故による教訓は、会社にとっても大切な財産であり、確実な技術伝承項目の1つです。安全衛生面のみならず、品質問題など様々な教訓は、繰り返し教育を行うことで、会社の文化に繋がっていきます。階層別にその持場立場で必要となる事項をしっかり捉え、繰り返し行うことの重要性を含めて教育や研修を行うと、会社の為にも有効なものとなるでしょう。