有能な社員を育てる為には

社員を育てる為の教育係

新入社員にとって、職場の体制や業務内容が分からない事で不安になる事がたくさんあります。新入社員に教育係が着く事によって、様々な業務を進めて行くわけですが、教育係によってその後の社員としての人生が左右される可能性があります。新入社員にとって教育係のいう事は、全てが正しいと判断せざるを得ない訳で、間違った事を教えてもらってもそれが正しいと判断してしまいます。教育係は社員教育として、自分のやり方で業務を教えて行くわけですが、そのすべてが本当に正しいのかを確認する必要があります。教育係が苦手な相手の悪口や悪い癖などを教える事で、新入社員もその意識が植えつけられて、その人に対して深い感などを同じように感じてしまう事も考えられます。

自分のやり方を教える

社員教育として、先輩社員が新入社員に仕事を教える際に、自分が今までやってきたやり方で教える事は良いのですが、その方法がその社員に適しているかは別であると考える事が必要です。長年の業務で慣れている先輩社員のやり方をまずは教えて、あとは新入社員のやりやすい方法で業務をさせる事が、勉強にもなり効率の良さにもつながります。自分で考えて行動する事で、効率の良い方法を考えながら業務を覚える事が出来ます。新入社員は新しい環境で業務する事に緊張しているので、普段できるはずの事もおぼつかない事もあります。社員教育は、時間をかけてゆっくりと行う事が必要で、業務の流れや会社の雰囲気に慣れた頃から、教育の仕方を変える事が必要になってきます。